施設のご案内

会長あいさつ

会長あいさつ

私共は、約50年に亘り急性期医療に携わってまいりましたが、近年、高齢者介護の必要性を感じ、老人保健施設を開設いたしました。そうした中で、老若を問わず病後のリハビリの質で在宅復帰に大きな差が現れることを実感し、その重要性を再確認、回復期リハビリテーション病院の開設に至りました。

回復期リハビリは平面的に行われるのが良いと言われております。当院では各病棟にリハビリスペースを設け、医師、看護師、セラピストなどスタッフを同一階、同一平面上に配置して情報の共有化を容易にしています。

さらに生活リハビリは、病棟を中心に365日、朝目覚めてから就寝までフルタイムリハビリを行える環境を整え、効果を上げております。

病室から一歩外に出ますと、オープンスペースを多く取っており、そこに居る人々全てが良くなろう、良くなってもらおうと気持ちを一つに出来る様、配慮しております。

そしてまた当地には有馬温泉の流れをくむお湯があります。この良質なお湯を使ってのリハビリも当施設の特徴の一つです。

湯の街宝塚に誕生した「宝塚リハビリテーション病院」は、開設以来、市内はもとより、広く阪神間の急性期病院、患者さまより高い評価を頂き、今に至っております。今後もより一層地域医療に貢献できます様スタッフ一同力を合わせて邁進してまいります。

法人理事長あいさつ

法人理事長あいさつ

リハビリテーションの目的は、残された機能を最大限に生かして、できるだけ生活の質の改善を計ることです。

しかし、機能の回復には息の長い取り組みが必要となります。そのため療養環境は非常に重要な要素で、治療効果にも大きな影響を与えます。

当院は、自然豊かな宝塚市の中でも静かな環境の中にあります。また、敷地内から湧出する温泉を利用して治療効果を高めるなど、療養環境は申し分ありません。一方、最近話題のロボットを導入するなど最先端の研究も積極的に行っています。

このように、ハード・ソフト両面の充実を計り「回復から復帰へ“その人らしさ”の生活を再建します」の理念のもと、患者さまの一日でも早い社会復帰を目指しています。

院長あいさつ

院長あいさつ

当院は、「回復期リハビリテーションは同一平面上で行われるのが理想」との考えのもと、各病棟で入院生活が完結できるよう配慮しております。スタッフ全員が情報を共有し、チーム医療の推進、心を込めて患者さまに接することでお一人おひとりに最適な満足していただけるリハビリを提供でき、快適・安心な入院生活を送っていただけるものと思っております。

回復期リハビリテーション病院の役割は急性期治療を終えられリハビリを必要とする方を迅速に受け入れ、十分な医学的管理下で患者様お一人ひとりに合った専門的なリハビリを提供していくことにあります。今後も患者様の期待に応えられるよう医療の質を向上させ、地域との連携を取りながら在宅~社会復帰へ繋げて参ります。

また、発展著しいニューロリハビリ分野に力を入れており、日々研鑽を積んでより効果的な治療を取り入れていく所存です。

宝塚は有馬温泉の流れを汲む良質の湯が豊富に湧出することから浴場施設などのリラクゼーションとリハビリを組み合わせた新しい治療効果も目指しています。

病院理念

回復から復帰へ“その人らしさ”の生活を再建します

基本方針

1. その人がその人らしく生活していけるよう応援します。

2. 一人ひとりの価値観に基づいた最適のリハビリを提供します。

3. 同一平面でのフルタイムリハビリが行え、安全・安心のリラクゼーション環境を整えます。

4. 医師、看護師、セラピストによる情報の共有したチーム医療を行います。

5. 専門職として社会のニーズに合った知識・技術の向上への努力、自己研鑽を行います。

病院概要

・病床数 162床(回復期リハビリテーション病床)

・診療科目 リハビリテーション科、内科、脳神経外科

・開設 平成20年4月

・施設内設備 図記号案内 PDFはこちら

・フロアマップ
フロアマップ
↑クリックでPDFが開きます

医療法人尚和会の関連施設のご紹介

医療法人尚和会は急性期医療から在宅まで、切れ目のない「人に優しい医療」を展開しています。

宝塚第一病院

宝塚第一病院

ケアヴィラ宝塚

ケアヴィラ宝塚

ケアヴィラ伊丹

ケアヴィラ伊丹